辛いインフルエンザを予防|適切な薬で病気改善

マスクと体温計

風邪との症状の違いを知る

シルエット

風邪は高熱が出ることも少なく、微熱が一週間や二週間ほど続く可能性が高いです。また鼻水や咳がよく出るなどの問題を抱えている人は風邪の引きはじめである可能性も高いので、まずは風邪を疑ってみましょう。熱を測って微熱であれば風邪です。風邪よりも悪化した症状であるインフルエンザは最大で40度の高熱が出てしまうことが特徴です。風邪とは違って感染力がとても高いため発症したら数日間は家で安静にしなければなりません。インフルエンザの症状は熱だけではなく全身の倦怠感や関節痛などの状態になることもあります。風邪と違って進行がとても早く、怠いと感じてから短時間で高熱になることもあるので注意が必要です。特に一人暮らしの方は看病する人がいなくて困りがちなので、まずはインフルエンザにかからないよう予防をしていくのが大切です。

インフルエンザは感染してから約3日後に症状が出てきますが、その前に身体の違和感に気付くことも多いです。普段と違う身体の怠さや関節痛などが続いたらインフルエンザを疑ってみましょう。インフルエンザに対して何もしなければ病気予防にもならず、更に症状を悪化させてしまう可能性が高いです。インフルエンザになる前にも予防が必要ですが、もしインフルエンザウイルスに感染して病気を発症したら必ず専用の薬を服用しましょう。薬の効果によって症状が抑えられて身体が少しは楽になることもあります。薬は医師から処方してもらえるので、薬を貰ったらしっかりアドバイスを聞いておきましょう。